日本を代表する高級ソープの名店

雄琴にあって高級ソープの代名詞とまでいわれる名店がある。
風俗はおろか高級嗜好を目指す他業種のオーナーたちも
ひっきりなしにこの店をリサーチしに訪れる。
高級とはなにか、本物とはなにか、それだけを徹底的に考えながら
高みに上り詰めている。
サービスひとつとってもみてもサービスの基本概念を根本的に覆す。
女性の質、スタッフの応対、ここに関わる全ての人間が
共通認識として高級とはなにかについて真剣に向き合っているのだ。
本物を知らなければすべては紛い物なのだ。
そして本物を知る人間だからこそ本物に会いに来る。
ここに訪れる客は日本のVIPと呼ばれる客ばかりだ。
噂がうわさを呼び込み全国各地よりわざわざこんな田舎町までやってくるのだ。
日本を代表する高級ソープの名店。
日本人であれば是非とも訪れてみたい憧れなのだ。